天照山 光明寺 出灰不動尊 公式ブログ 光明真聞

アクセスカウンタ

zoom RSS 木瓜封じ お申込み受付中

<<   作成日時 : 2014/07/20 06:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

木瓜封じ
茨木・光明寺 妙芳院
大阪府茨木市橋の内2丁目11-1
(阪急「総持寺駅」下車・南へ徒歩約6分)
※出灰不動尊とは所在地が異なります。

平成26年7月21日(日) 午前10時より

画像


御参詣の方全員に
「長寿祈願そうめん」御接待!

さらに
祈祷済「路上安全ステッカー」進呈!



◆お大師さんが伝えた夏の厄除け

「木瓜封じ」とは、弘法大師空海が
聖徳太子の御廟参篭中に感得された
救世利民・諸病平癒の秘法です。

ただでさえ、体力を消耗し体調を崩しやすいこの季節。
特に、この数年は記録的な猛暑の夏が続いています。

暑さの厳しくなる夏の土用の時期に、
病いや災いの元となる邪気を
加持祈祷した木瓜(胡瓜)に封じ込め、
残りの半年を無事で健やかにお過ごしください。



◎木瓜封じ諸病厄除祈願(祈祷木瓜、または紙祈祷札)
 御志納料 二千円

◎木瓜封じ特別祈願護摩祈祷(剣守付)
 御志納料 五千円


◆病苦、悪因縁を封じ込める。

「木瓜封じ」では、
加持祈祷された「祈祷木瓜」を持ち帰り、
三日間、身体の悪い所を擦ることで
その人の病苦、悪業、悪因縁を木瓜に封じ込め、
四日目にその木瓜を川に流すか、
土の中に埋めるのがならわしとなっています。

しかし、諸事情により、木瓜を川に流したり、
土に埋めることが困難な方や、
郵送をご希望の方のために、
当山では、紙製の「木瓜封じ祈祷札」もご用意しております。
この御札は同様に御祈願された後、
お寺の古札入れにお納めください。

画像

※当日御参拝の方は「祈祷木瓜」か「紙祈祷札」かのいずれかをお選びいただけます。
※郵送を御希望の方は「紙祈祷札」のみとさせていただきます。


◆厄を封じて不幸を取り除く。

来年が大厄にあたる前厄の方は、
夏の土用を境に凶星の影響が強くなってきます。
厄年の方は、
この高温多湿の厳しい時期を上手に乗り切り、
一年を無事に過ごせますよう、
御自身のみならず、ご家族の無事安全を御祈願ください。

※本年の厄年、吉凶、数え年については
  こちらの「数え年早見表」(PDF)をご参照ください。⇒


特別祈願護摩祈祷(五千円)では、
通常の木瓜加持に加え
当日の護摩で特別に御祈祷させていただいたうえで、
「剣守り」をお授けさせていただきます。
厄年の方や重い病の方には特におすすめいたします。


◆ボケを封じて幸せに長生き。

キュウリは現在「胡瓜」と表記されますが、
古くは「木瓜」と書かれました。
「木瓜」という漢字は、
このほかに(植物の)「ボケ」とも読むことから、
「木瓜封じ」は「ボケ封じ」にも通じるといわれています。

病気、厄、悪因縁はもちろん、
ボケも封じ込めて、
健康、幸運、長寿を呼び込んでください。



★インターネット(PC/スマートフォン)からお申し込みできます。★

下のリンクをクリックして開いたページ最下段の「お申し込みフォーム」へ。
必要事項を入力した後、「お問い合わせ内容」から「その他」を選択し、
「備考」欄
「木瓜封じ」(郵送をご希望の方は「木瓜封じ郵送希望」)とご記入になり
お名前
数え年(上記リンクPDF参照)
願文(開運厄除、身体堅固、無病息災、病気平癒 など)
・当日御参詣の方は祈祷木瓜(本木瓜)紙祈祷札をお選びいただき、(郵送希望の方は紙祈祷札のみとなります)、
合計金額
をを下写真の例のように明記の上、
「送信」ボタンを押してください。
フォーム受信後、こちらからご連絡さしあげます。
(写真をクリックすると拡大します。)
画像

お申し込みフォームのページはこちら


★お問い合わせ・お申し込み電話番号★
天照山 光明寺 妙芳院
〒567-0805 大阪府茨木市橋の内2-11-1
(出灰不動尊とは所在地が異なります。)
Tel.072-637-5010 
Fax.072-637-4792

天照山 光明寺HP http://www.koumyouji.jp/

※一部の印刷物で、出灰にて開催と記載されているものがございますが、本年は茨木・妙芳院のみでの修法となりましたので、お間違えのないようよろしくお願いいたします。

※なお、昨年、出灰不動尊で修法された木瓜封じの模様は、ココからご覧いただけます。
 

月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
木瓜封じ お申込み受付中 天照山 光明寺 出灰不動尊 公式ブログ 光明真聞/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる