令和2年 星祭 無事終了致しました。

 去る2月9日(日)、令和最初の星祭 開運厄除火渡大祭を出灰不動尊にて執り行わせていただきました。

R2春彼岸B1.jpg

 全国的に暖冬といわれた中でも当日の近畿地方はこの冬一番の冷え込みで朝からの雪模様となりましたが、多くの善男善女の御協力と御参拝を賜りましたことに心より感謝申し上げます。

 今年も本堂(阿字観堂)での内護摩と大般若祈祷の後、山伏と共に行道し、旧本堂の解体が終わり広くなった奥之院にて柴燈護摩と火生三昧耶法(火渡)を厳修し、この一年の開運を御参拝の皆様と共に祈念いたしました。

 特に今年は新型コロナウィルスの感染拡大を受け、疫病退散と混乱の早期終結も本星祭の願文といたしました。

R2春彼岸B.jpg

 毎年、この日にお頒けしている火伏不動の家宅厄除札は、火事のみならず、あらゆる災害災難除けの御札となっておりますので、是非、御家族、お知り合い、御近所にもお配りいただき、ひとりでも多くの皆様が一年を無事にお過ごしくださることをお祈り申し上げます。

名称未設定 1.jpg

 家宅厄除札(志納料二百円)と路上安全ステッカー札(志納料三百円)は、下記の当山公式サイト「御札・御守」のページより、スマホやPCでもお求めいただけます。ただし、残数には限りがございますので、御入用の方はお早めにお求めください。

真言宗 天照山 光明寺 公式HP http://www.koumyouji.jp/

•過去の星祭の記事はココをクリックしてご覧ください。
https://koumyouji.at.webry.info/201202/article_2.html

令和2年 春のお彼岸

春季 彼岸法会 <茨木・光明寺 妙芳院>
令和2年3月20日(祝・金) 午前11時より


名称未設定-1.png
◆幸せを祈り「彼岸」に至る

 「彼岸」とは、梵語の「波羅蜜多(はらみった)」を漢訳した「到彼岸」からくる言葉で、智慧を得て解脱することにより、煩悩に満ちた「この世界=此岸(しがん)」から、悟りと安らぎの世界である涅槃や浄土などの「彼の岸」に至り着くという意味です。
 春分の日と秋分の日は、太陽が真東から昇り真西に沈むため、その光の道こそがまっすぐに浄土へ通じる「白道(びゃくどう)」であると尊ばれ、いつしか、この日の前後三日間を含む七日間を「お彼岸」と呼ぶようになったのです。
 お彼岸は「お日願」とも文字られ、太陽の光が生み出す自然の恵みに感謝し、生きものをいつくしみ、先祖精霊をうやまい、なくなった人々を偲ぶ日とされています。
 先祖精霊がいらっしゃる彼岸へ通じる道が現れるこの期間、当山では各家先祖精霊のための彼岸塔婆供養会を営みます。塔婆供養を営み、先祖諸精霊、水子尊霊の追善功徳とするのは、ご先祖様の大変よろこばれることです。
 当日、各家におかれましては、ご先祖精霊名(俗名のみでも可)をお持ちいただきますようご案内申し上げます。 直接参拝できない場合も、事前にお申し込みいただけば、当日、責任を持ってご供養いたします。


塔婆供養
 御志納料 一霊 二千円
特別供養(新佛・年忌)
 御志納料 一霊 一万円

流水灌頂
 御志納料 一霊 五千円
三世供養
 御志納料 お一人 五千円

 
★インターネット(PC、スマホ)からお申し込みが可能です。★
下のリンクをクリックして開いたページ最下段の「お申し込みフォーム」へ。
必要事項を入力した後、「お問い合わせ内容」から「その他」を選択し、
「備考」欄「春彼岸塔婆供養」とご記入になり
御供養の菩提名(戒名、俗名、○○家先祖代々之霊、など)
菩提名の方の行年(享年…亡くなった時の年齢、先祖代々などの場合は不要)
菩提名の方の御命日(亡くなった年月日、先祖代々などの場合は不要)
御志納料(合計金額)
を下写真の例のように明記の上、「送信」ボタンを押してください。
フォーム受信後、こちらからご連絡さしあげます。
画像

お申し込みフォームのページはこちら→


★お問い合わせ・お申し込み電話番号★
天照山 光明寺 妙芳院
〒567-0805 大阪府茨木市橋の内2-11-1
(出灰不動尊とは所在地が異なります。)
Tel.072-637-5010 

★FAXでのお申し込み方法★
・施主名(お申し込み者の氏名)
・施主住所(お申し込み者のご住所)
・施主電話番号(お申し込み者のお電話番号)
・御供養の菩提名(戒名、俗名、○○家先祖代々之霊、など)
・菩提名の方の行年(享年…亡くなった時の年齢)
・菩提名の方の御命日(亡くなった年月日)
・御志納料(合計金額)
上記を明記の上、
天照山 光明寺 妙芳院
〒567-0805 大阪府茨木市橋の内2-11-1
(出灰不動尊とは所在地が異なります。)
Fax.072-637-4792 

天照山 光明寺HP http://www.koumyouji.jp/